2015.05.22(金)県市町村 避難者支援担当者向け情報交換会

2015.05.22(金)10:00〜ゆうあいセンター大会議室で、県市町村 避難者支援・移住定住推進課の情報交換会を開催しました(岡山NPOセンター・うけいれネットワークほっと岡山で共催)。

20150522−1

岡山県内全域の県市町村から避難者支援・移住定住推進の担当者と支援団体が集まるのは、これが初めての機会だったため、まずは、所属する課(または支援団体)の実施している支援内容と課題を含め、自己紹介。

普段は所属する組織で、それぞれ手探りしながら支援活動等の対応をされている皆さま。所属する組織が異なっても、同様の立場で仕事をしている他地域の担当者と問題意識が交差するところもあり、この自己紹介だけで話が盛り上がりました。

20150522-2

その後、皆で年間活動計画をふせんに貼りだして共有。これにより他の地域・団体等の動きを見渡すことができ、当日に早速、より効率的・効果的なイベント企画・運営の動きが生まれました。

20150522-3

支援対象について考えるワークも行いました。情報交換会を実施するにあたり事前に行ったアンケートで、「支援対象者の範囲をどのように考えるか?」という課題が複数の地域から挙げられたため行ったものです。

最後に、賠償区分の7分類、住宅支援、復興庁事業で入手した情報等の提供、総務省の避難者登録システムへの登録催促のお願いなどもさせていただき、内容盛りだくさんの会を終えました。

出席された方からは「次回も必ず参加します」などのご感想をいただきました。今回、残念ながらご参加いただけなかった市町村には、当日お配りした資料と当日共有した年間計画等の資料を郵送して共有させていただく予定です。

今年度は今回のような情報交換会の実施等により、県市町村との連携も深めていきたいと考えています。
2回目の情報交換会は、来年度の予算編成の動きも見据え、夏〜秋頃の開催となる見込みです。
よろしくお願いいたします。

ほっと岡山事務局

活動記録 Permalink