2015.3.14(土)10:30〜「学校に行かない」子を持つママたちで語り合おう♪ の会

●開催日時
3月14日(土) 10:30~12:30(~昼食)
(昼食ご持参ください。午後からは「庭瀬のつどい」があります)

●会場
中国学園大学M号館501教室 ※正門を入ってすぐの建物の5階です。

●アクセス
山陽本線庭瀬駅(岡山駅より2駅)から徒歩約15分。
お車の方は中国学園大学の駐車場をご利用いただけます。
http://www.cjc.ac.jp/about/access.html

●会費
無料

●お申し込み
不要。お子様も一緒にお気軽にお越しくださいね。

●お問い合わせ
飯塚 toiro9★gmail.com Tel:090-9397-0466
★を@に変えてください。

●開催に向けた思い
震災から4年経ち
岡山での生活も長くなってきた避難者も多くなりました。

その中で「子どもの不登校」に直面し
母子避難であるが故に頼れる身内もなく
「避難」という自己決定への責務にも思い悩む母親の声も
多く聞くようになりました。

そして学校に行かない・行けない子どもたちは
ひとり家で仕事から帰るお母さんを待っている家庭もあります。

福島から岡山に来てちょうど3年経った9月。
我が家の小学3年生の娘が「学校行かない」と言いました。
私自身が不登校に直面したからでしょうか
それとも、震災の影響があるのでしょうか
理由はわかりませんが
「うちも学校に行けてないの」という声が、多く寄せられるようになって来ました。

そこで、新学年を迎える前に。
今、「学校に行けない・行かない」子どもを持っていて
行かせるべきか、このまま子どもの意思を尊重するのか
子ども一人置き去りにして働きに出る毎日でいいのか
どうしたらいいんだろう・・・。
迷い不安に思っているお母さん・お父さん。
その思いを吐き出し合いませんか。

これから修了式を迎え、4月から新たな学年に進級する子どもたちに
親として、どう寄りそい支えてあげれば良いのか、
みんなで一緒に考えられたらと思います。

対応策はもちろん、子どもひとりひとり違っていて
同じパターンはないのです。
その子、その子の思いに、しっかりと向き合って
ちょっとでも、お母さんの心が軽くなりますようにと願って。
経験者・見識者の方のご参加・ご助言もお待ちしています。

今回、毎月恒例の「庭瀬のつどい」さんと「中国学園大学」さんのご好意で、場所をお借りし、
託児もお願いしていますので、お子様連れでどうぞお越しください。

この日、午後は「庭瀬の集い」があります。
お時間よろしければ、こちらもぜひどうぞご参加くださいね。